手作りの茶碗と常備采(10/05)

昔からの友人宅の前で、その友人に出会って、立ち話をしているうちに、 「今、常備采を作ったので味見してくださらない」と家に誘われました。 その常備采をご馳走になるに当たって、お茶は手作りの茶碗で出してくれました。 その白の色と温もりのある形に、「このお茶碗、素敵!」と褒めましたら、 「欲しい?」と聞かれて、「欲しいわ!」とこたえましたら、 「それならあげる」といただいてしまいました。 「欲しい?」と聞いて、「欲しい」とこたえたのは私が初めてだったそうです。 私の愛用品になりそうです。

常備采は 切干大根 ひじき 人参 豆 昆布 ちりめん雑魚 胡麻 生姜 切干大根、ひじき、人参、豆、昆布を茹でて、寿司酢を同量の酢で 割ったもので和えて、しょうがの千切り、ちりめん雑魚、胡麻を 混ぜるだけだそうです。 でも、美味しいです。

友人に教えてもらった常備菜、我が家の大根が収穫できるようになったので 切干大根の代わりに、生の大根を千切りにして、一塩して搾って使いました。 色はきれいに出来上がりましたが、ひじきの量が多すぎました。次回は半分にしましょう。