Flash MovieのNOTAこそ
MacromediaやParaflaのFlash作成ソフトを使って、自分で撮った写真や絵画に
音楽を載せたFlashを作成して行きます。
フォトストーリー
Movie
動画のページ
2002年7月から、私のサイトにデジタルカメラで撮った動画の
ページを設置してきました。
福山市新市町・素盞嗚(すさのお)神社・679年創建


2003年4月26日動画・インド・タージマハル

そして、Xoopsの夢ネット・栄 e-情報の中には
xoops_movieがあって、いくつかの動画をアップしてあります。


これまではデジタルカメラの動画機能で撮ったもので、最初のうちは
SonyのCyber-shot、その後、リコーのCaplioで撮っていました。
Caplioは画面が少し大きいです。
「さんぽみち水曜コンサート」を取材したページの中にもあります。
1分も撮ると相当の容量になるので、Macromedia Flashでフラッシュに
作成してアップしてあります。それで10分の1くらいの容量になります。
http://syonets.com/nota/syonet/?20061011222938

これで不自由はなかったのですが、サンヨーの小型ビデオカメラXactiが
静止画も撮れて優秀なカメラだと聴いて、本格的にビデオに取り組みたくて、
1年半前に購入しました。ところが、
このカメラの画像ファイルはMpeg4で、Mac用で、QuickTimeをインストール
すれば、Windowsでも見えますが、Macromedia Flashには対応していない
ことが分かり、それでは余程短い動画しかサイトにアップできないので
そのまま使わずに、動画はまたリコーのデジカメで撮っていました。

ところが今年のスペイン旅行中にリコーのカメラが壊れてしまい、予備に
持って行っていたサンヨーのビデオカメラを使うことになりました。

コルドバのメスキータでの特別コンサートも撮りました。でも、そのままでは
Flashに作成できず、NOTAにアップするには、5MB以下のものでなければなら
ず、5MB以下でも、どういう訳かアップできないファイルもあって、どうして
も、Mpeg4をWindows対応の拡張子に変換する必要が出てきました。
検索エンジンで調べてもよく分りませんので、
動画配信をしている友人に尋ねましたところ、Quick Time Proを購入すると
Windows対応ファイルに変換できるそうです。その上、彼は
「サンヨーのXactiは優秀なビデオカメラだから、藤田さん、絶対使いこなせ
るようになりなさい」と励ましてくれました。

そんなことで、Quick Time Proを購入して、いよいよビデオの編集に取り掛かりました。
撮ったビデオをQuick Time Proで開いて、Exportをクリックすると
Windowsに対応しているAviという拡張子があって、Aviに変換することができました。
これはリコーの動画と同じ拡張子です。
スペインのメスキータは大聖堂での特別コンサートのパイプオルガンの演奏
とグレゴリア聖歌隊の合唱のビデオを変換して、Flashに作成して
下記にアップしました。ご覧ください。Aviに変換すると2倍半くらいに容量は
増えるのですが、Flashはそれを4分の1弱にしています。
ページの下の方にあります。
http://sachiko3.jp/nota2/group/travel/?20070309220700

ビデオの編集はこれから勉強してまいります。